ホンダ クラリティFC、個人向けリースを開始

ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダ クラリティ フューエル セル全 1 枚写真をすべて見る

ホンダは、燃料電池自動車『クラリティ フューエル セル』の個人向けリースの取り扱いをホンダカーズ一部店舗にて6月11日より開始した。

ホンダは、地球温暖化や化石燃料の枯渇といった課題の解決策としていち早く水素の可能性に着目し、30年以上にわたり水素技術ならびに燃料電池自動車の研究・開発に取り組んできた。

ホンダ クラリティ フューエル セルは、FCVトップクラスの一充填走行距離 約750kmを達成。世界で初めて5人乗りを実現したセダンタイプのFCVとして、2016年3月に自治体や企業を中心にリース販売を開始した。その後、自治体・企業向けへのリースを通じ、様々な意見・要望を収集し、昨年12月には一部改良を実施。赤外線(IR)カットガラスを随所に採用したほか、低温域での性能を向上させた。

ホンダは今回、日常の使い方や走行性能などの各データの検証や、水素ステーションの拡充状況と使い勝手を踏まえた販売検討を進め、個人向けにクラリティ フューエル セルのリース取り扱いを開始した。なお、取り扱い販売会社は水素ステーションのある都道府県の一部ホンダカーズ35法人となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV