VW、スマホで操作できる家庭用急速充電器を発売… ID.3 の9月欧州納車開始に準備

フォルクスワーゲンの家庭用の急速充電器「ID. Charger」
フォルクスワーゲンの家庭用の急速充電器「ID. Charger」全 5 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは6月12日、新型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の9月上旬からの欧州納車開始に備えて、家庭用の急速充電器の「ID. Charger(アイディ. チャージャー)」の販売を開始した、と発表した。

ID. Chargerと呼ばれるウォールボックスは、自宅における効率的な充電を可能にするシステムだ。ID. Chargerには、3種類が用意されている。すべてが最大11kWの充電出力を備える。

上位仕様の「ID. Chargerコネクト」と「ID. Chargerプロ」では、スマートフォンから充電を操作できる。顧客は充電プロセスをコントロールし、リモートメンテナンス、充電カードによるアクセス、定期的なソフトウェアの更新などが行える。

フォルクスワーゲンは、ディーラーと協力して独自の充電ステーションも設置している。合計で3万6000 か所の充電ステーションが、2025 年までに欧州のディーラーや工場に設置される予定だ。

フォルクスワーゲンブランドのEモビリティ担当、トーマス・ウルブリッヒ氏は、「将来的には、電動車の充電は、スマートフォンの充電と同じくらいシンプルになるだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWの新充電サービス「We Charge」のカード
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • 環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術「ENLITEN」採用タイヤの装着が決定したVolkswagenの電気自動車ID.3。
  • フォルクスワーゲンの従業員による ID.3の実証テスト
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ