東京のJR駅スタンプが17年ぶりにリニューアル…高輪ゲートウェイ駅のスタンプも 7月8日

リニューアルされるスタンプのデザイン。駅名の1文字が象徴的に描かれる。
リニューアルされるスタンプのデザイン。駅名の1文字が象徴的に描かれる。全 5 枚写真をすべて見る

JR東日本東京支社は6月16日、駅のスタンプを17年ぶりにリニューアルすると発表した。

新しいスタンプは、六角形・丸・八角形・四つ丸という4つのフレームをベースに、赤・朱・緑・青・紫の5色で構成。デザインは日本古来の家紋をイメージしたもので、駅名のほかに、駅名の漢字1文字と「駅やその地域の歴史・特徴等を表現したシンボル」を組み合わせている。また、駅名には英語表記を入れ、海外からの旅行者に対応する。

対象は東京支社管内の山手線、京浜東北線、中央線、京葉線、総武快速線、常磐線などにある78駅で、7月8日から使用を開始。3月に開業した山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)にも設置される。専用のスタンプ帳(770円)なども7月21日から発売される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。

ピックアップ