[カーオーディオ・インストレーション]低音強化…サブウーファーの電源配線 その3

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ユニットサブウーファーの一例(DLS)。
ユニットサブウーファーの一例(DLS)。 全 1 枚 拡大写真
カーオーディオユニットの取り付け作業におけるさまざまなセオリーやコツを紹介している当コーナー。当回では前回に引き続き、パワードサブウーファーやサブウーファー用のパワーアンプを導入する際の“電源配線”について解説していく。

前回まではプラス側の配線について解説したが、今回はその他の電源配線について説明していく。まずはマイナス側の配線から。

ところで前回の解説の中でも触れたとおり、クルマではボディがマイナス側の配線の役割も負っている。なので電装品を後付けする際には基本的に、マイナス側の配線はボディに接続すればOKだ。

なお接続は、マイナス側のケーブルの先端に端子を設定して実行される。よく使われるのは、接続部分がリング状になったリング端子やY字型端子だ。そしてそれをネジでボディに共締めし接続作業が完了される。で、当然ながら接続の際には、その端子部分が鉄板にダイレクトに接続されなければならない。塗装がされていれば塗装を削って鉄をむき出しにする必要があり、錆びていたり汚れていたりする場合には、それらが取り除かれてから接続される。そうしないと良好な通電状況を確保できない。

さて、電源系の配線作業はこれにて終了、かというとそうではない。もう1つ重要な作業が残っている。それは“リモート”だ。“リモート”とはつまりは“スイッチ”の役目を担う配線だ。メインユニットの裏側のACCまたはリモート出力という配線とパワードサブウーファーやパワーアンプのリモート端子とをケーブルで接続する。そうするとメインユニットに電源が入ったときにパワードサブウーファーやパワーアンプが立ち上がる。

ちなみに音質にこだわろうとする際には、この“リモート”ケーブルにもハイグレードなアイテムが使われたりもする。音質には大きく影響しないという見方がされることもあるが、リモート専用の高音質モデルもリリースされている。

さて次回は、信号系の配線作業について解説していく。お楽しみに。

カーオーディオ・インストレーション百科 Part3「低音強化」編 その9・サブウーファーの“電源配線”について lll

《太田祥三》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 外部パワーアンプの一例(モレル)。
  • キャパシターの一例(M&Mデザイン)。
  • AV一体型ナビの取り付け例(ダイヤトーンデモカー)。
  • 9型大画面ナビの一例(クラリオン)。
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV