カーナビタイム、地図や音声案内などが英語に対応

カーナビタイムが英語に対応
カーナビタイムが英語に対応全 1 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「カーナビタイム」のほぼすべての機能について、6月18日より英語に対応すると発表した。

今回、メニュー画面やスポット検索、ルート検索、地図、ナビゲーション中画面、ドライブレコーダーなどが英語で表示され、ナビゲーション中の音声案内も英語で発話。本格的カーナビアプリの英語対応は、国内初となる。新機能は、2020年3月末より試験的にリリースしていたが、同日より正式に提供を開始する。

また、高速道路とインターチェンジ(IC)のナンバリング表示にも対応(英語版のみ)。高速道路走行中に表示されるガイド画面等で、高速道路/IC名とともに各ナンバーを併記する。英語表記では、道路名称等が長くなることが多いため、ナンバーを併記することで、視認性を向上させ、安全な運転をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーナビタイム、渋滞マップに過去の渋滞情報を確認できる機能を追加
  • カーナビタイム、Apple CarPlayダッシュボード機能に対応
  • カーナビタイム プレミアムプラスコース
  • SDL連携イメージ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV