DS初のEV、日本市場導入へ---『DS 3クロスバックE-TENSE』 詳細は7月29日発表

DS 3クロスバックE-TENSE
DS 3クロスバックE-TENSE全 8 枚写真をすべて見る

グループPSAジャパンは6月24日、DSブランド初の電気自動車(EV)『DS 3クロスバックE-TENSE』を日本市場に導入すると発表した。

DS 3クロスバックE-TENSEは、日本市場にも2019年6月に導入されたコンパクトSUV『DS 3クロスバック』のEV版。最大出力100kWのモーターと50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離はWLTPサイクルで320kmに達する。

ドライブモードは航続距離の最大化を図る「エコ」と「ノーマル」、そしてパワーとトルクを最大化する「スポーツ」の3種類を用意。これらのモードとは別に、フォーミュラEからインスパイアされた「ノーマル」と「ブレーキ」の2つのエネルギー回生システムを実装する。ノーマルでは、アクセルを戻した時の内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションし、人の感覚に寄り添ったなじみのある自然な減速感を実現。ブレーキはは最大減速度約1.3m/sとなり、ワンペダルドライブに近い運転が可能となる。

また電動化により、居住空間やトランクスペースを犠牲するようなことはなく、都会的なコンパクトさをたもちつつ、フル5シーターでクラス最大級約350リットルのトランクスペースもしっかり確保している。

なお、日本仕様の詳細、グレード展開、航続距離、充電方法、充電時間、スペック、価格、発売日時および発売方法などは7月29日にアナウンスされる予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ