北米カーオブザイヤー2021、レクサス IS 改良新型など10車種がノミネート

レクサス IS 改良新型(北米仕様)
レクサス IS 改良新型(北米仕様)全 8 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は6月23日、「2021北米カーオブザイヤー」(2021 North American Car of the Year)のノミネート10車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で28回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2021北米カーオブザイヤーのノミネート10車種は、以下の通り。

●アキュラTLX新型
●BMW 3シリーズ新型のPHV
●BMW 4シリーズ新型
●BMW 5シリーズ改良新型のPHV
●ジェネシスG80
●ヒュンダイ・エラントラ
●レクサス IS改良新型
●メルセデスベンツEクラス改良新型
●MINIクーパーSE
●日産セントラ新型

メルセデスベンツ Eクラス・セダン 改良新型メルセデスベンツ Eクラス・セダン 改良新型

今年のノミネート車は10車種と、例年に比べると少ない。これは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響。一部自動車メーカーが、北米への新型車投入の時期を最終確定させていないためだ。北米カーオブザイヤー主催団体によると、ノミネート車は今後、増える可能性があるという。

日本メーカーでは、レクサス『IS』改良新型、日産『セントラ』新型、アキュラ『TLX』新型の3台が、ノミネートされた。レクサスIS改良新型とアキュラTLX新型は、ともにブランドを代表するプレミアムスポーツセダンだ。

BMW 4シリーズ・クーペ 新型BMW 4シリーズ・クーペ 新型

また欧州勢では、BMWが新型『4シリーズ』をはじめ、新型『3シリーズ』と改良新型『5シリーズ』の両プラグインハイブリッド車(PHV)をノミネート。メルセデスベンツは改良新型『Eクラス』、MINIはEVの『クーパーSE』が選ばれている。

2021北米カーオブザイヤーは2021年1月、米国で発表される予定だ。前回は、シボレー『コルベット・スティングレイ』新型が、トヨタ『スープラ』新型を抑えて、北米カーオブザイヤーを受賞している。

BMW 3シリーズ・セダン 新型のPHVBMW 3シリーズ・セダン 新型のPHV

《森脇稔》

レクサス IS(Lexus)の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  3. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  4. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  5. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  6. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  7. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  8. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
  9. メルセデスAMG G63の型式指定でミス…性能悪化などの問題はなし
  10. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
ランキングをもっと見る