日産、最新加工技術を駆使した「新型カキノタネ」を共同製作 名車23台がモチーフ

日産、「新型カキノタネ」(柿の種)を伊勢原市および地元企業と共同で企画・製作
日産、「新型カキノタネ」(柿の種)を伊勢原市および地元企業と共同で企画・製作全 5 枚写真をすべて見る

日産自動車は、クルマの形をした「新型カキノタネ」(柿の種)を伊勢原市および地元企業と共同で企画・製作。7月7日(予定)より、伊勢原市内飲食店や中日本ハイウェイ(SA売店)などで発売する。

新型カキノタネは、伊勢原市が推進する地域特産品のPR活動「伊勢原うまいものセレクト」の新商品として、地元食品メーカーである龍屋物産と日産がコラボレーションして生まれたもの。柿の種には、23種類の日産の歴史的名車と伊勢原市のシンボルである「大山」を模した、日産と伊勢原市とのコラボレーションならではのデザインを採用した。

商品化にあたっては、技術開発拠点「日産テクニカルセンター」の地域貢献活動の一環として、日産自動車が全面協力。デザイン本部が同社の歴史的車の中から選定した23車種をモチーフとした柿の種の形状やパッケージをデザインした。また、同社総合研究所の試作部が、モノづくりの技術と最新加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機を活用して米菓の抜型を製作している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV