マツダ、ボンゴブローニイバン を一部改良 踏み間違い時サポートブレーキなど標準装備

マツダ ボンゴブローニイバン
マツダ ボンゴブローニイバン全 1 枚写真をすべて見る

マツダは、商用バン『ボンゴブローニイバン』を一部改良し、6月25日より販売を開始する。

ボンゴブローニイバンは、長尺な荷物も収納できる荷室や、荷物の積降ろし・人の乗降を容易にするレイアウト、前席周りの多彩な収納スペースや安全な運転を支援する走行性能など、毎日の安全・効率的なビジネスを支援する小型商用バンだ。

今回の一部改良では、新たにアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」を全車標準装備とした。駐車場などで前後の進行方向にある壁などの障害物を検知した場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動で被害軽減ブレーキが作動して、クルマの衝突を抑制または被害を軽減。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に、全車が該当している。

また運転席のメーター内に4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備。ステアリングホイール上のスイッチで、平均燃費や航続可能距離などを切り替えて表示できる。加えて、周囲の明るさでヘッドランプの点灯を自動で切り替える「オートライトシステム」も標準装備し、安心・安全な運転をサポートする。

価格は253万2200円から371万0300円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ