三菱自動車、米国初期品質調査で日本ブランド首位…JDパワー

三菱アウトランダー・スポーツ(RVRに相当)の2020年型
三菱アウトランダー・スポーツ(RVRに相当)の2020年型全 3 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月25日、JD パワーの「2020米国自動車初期品質調査(IQS)」において、日本ブランドの首位に立った、と発表した。

この調査は今回が34回目で、車両購入後90日間での新車の品質を調べる。初期品質は、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として算出され、数値が小さいほど不具合指摘件数が少なく品質が高いことを示す。

2020米国初期品質調査は、2020年モデルの新車を購入またはリースした顧客を対象に、2020年2月から5月にかけて調査し、8万7282人から回答を得た。質問項目は、インフォテインメント、コントロール&ディスプレイ、外装、運転支援、インテリア、パワートレイン、シート、空調など9つのカテゴリーで構成され、合計で223の質問が用意された。

三菱自動車は、この2020米国自動車初期品質調査において、日本ブランドの首位に立った。100台当たりの不具合指摘件数は、PP148。レクサスのPP159、日産のPP161、ホンダとトヨタのPP177、マツダのPP184、SUBARU(スバル)のPP187よりも、不具合指摘件数が少なかった。業界平均はPP166。全体では33ブランド中の6位となり、2019年の30位から、最も順位を上げたブランドとなった。

カテゴリー別では、三菱『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)が、スモールSUV分野で3位に選出されている。

三菱自動車は2019年、米国において7年連続で販売台数を伸ばし、3年連続で年間10万台以上の販売を記録した。2007年以降では、最高の販売台数を達成している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ