VWの新型マルチバン「T7」にPHEV登場か…ニュルを走るプロトタイプをスクープ

VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 15 枚写真をすべて見る

VWが開発をすすめる次世代マルチバン、『T7』の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ニュルブルクリンク北コースで捉えた車両はまだ偽装が厳重だが、徐々にそのデザインが明らかになっていきている。おそらく、『T6』の後継モデルとなるトランスポーターのパネルバン仕様で、マルチバン/カラベルMPVと同時に発売されるはずだ。

プラットフォームには「MQB」を採用。最新プロトタイプの姿から確認できるのはまず、Aピラーの三角窓がパネルで偽装され、ブラック仕上げのホイールを装着、ルーフスポイラーは若干長くみえることだ。一方で、水平基調のグリルや、新設計されたコンパクトなテールライトの存在は確認できる。

VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
最大の注目は、右フロントフェンダーの充電ポートだろう。つまりマルチバン初のプラグインハイブリッド(PHEV)と予想され、直列4気筒エンジン+電気モーターを搭載すると思われる。

T7では、PHEVのほか、ガソリン、ディーゼル、そしてマイルドハイブリッドなどがラインアップされる。フルEVは開発中の『ID Buzz』に譲るとみられる。

キャビン内は、『ゴルフ』と似たレイアウトが予想されており、ダッシュボードの中央にインフォテイメントシステム、その横にはデジタルインストルメントクラスタを配置するレイアウトとなるだろう。

T7のワールドプレミアは、2021年以降が有力だ。

((

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!
)))

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV