三菱自動車、登録車の国内生産を大幅減産 7月予定

三菱アウトランダーPHEV
三菱アウトランダーPHEV全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、新型コロナウイルスに伴う需要減少の影響で7月も生産調整を実施すると発表した。

水島製作所で登録車を製造する第2組立ラインについて7月1日から14日までと7月27日から30日まで稼働を停止する。稼働日も昼勤の1直で操業する。

岡崎製作所の組立ラインは7月1日から23日まで稼働を停止して、稼働日については昼勤のみの1直とする。

子会社のパジェロ製造は7月1日から27日まで稼働停止し、7月は4日間のみ操業する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、新車市場が低迷していることから、7月の登録車の生産ラインの稼働日を半分以下にして大幅減産する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ