日産、セレナ C26 など11万1000台をリコール CVT不具合で走行不能になるおそれ

日産セレナ(C26)
日産セレナ(C26)全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は7月2日、『セレナ』およびスズキ『ランディ』のCVTに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年7月3日~2013年12月2日に製造された11万1546台。

対象車両はCVTの制御プログラムが不適切なため、変速機構であるスチールベルトに傷がつくものがあり、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、スチールベルトが破損し走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、CVTのコントロールユニットを対策プログラムに書き換える。また、CVTコントロールユニットの故障履歴を確認し、当該不具合に至る履歴を確認した場合は、CVT本体を交換する。

不具合は48件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

改善箇所改善箇所

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

日産 セレナの燃費はこちら!

ピックアップ