トヨタ ダイナ/トヨエース、3万8000台をリコール 配線ショートでエンストのおそれ

トヨタ ダイナ(2019年)
トヨタ ダイナ(2019年)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は7月8日、『ダイナ』および『トヨエース』の電気配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年9月14日~2020年1月9日に製造された3万8657台。

対象車両は、ヘッドランプ後方にある電気配線の配策指示が不適切なため、エアコン用ホース口金と接触し、走行時の振動により配線の被覆が損傷することがある。そのため、最悪の場合、ショートしてエンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、エアコン用ホース口金部を点検し、配線保護シートがないものは追加するとともに、電気配線の被覆が損傷しているものは補修する。また、配線固定用金具がない仕様は金具を追加し、配線を固定する。

不具合は4件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。なお、特装車用エアコンキット部品として出荷し、組付けられた可能性がある車両57台と、車両が特定できない370個の部品もリコールの対象となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ RAV4 アドベンチャー(アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)
  • スバルBRZ
  • トヨタ アクア G GRスポーツ
  • 1~6月、登録車でトヨタのベストセラー、ライズ
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ