MINI史上最速モデル「JCW GP」、BMWグループテラスに展示 8月3日まで

MINI ジョンクーパーワークス(JCW)GP 新型
MINI ジョンクーパーワークス(JCW)GP 新型全 7 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、全世界3000台限定生産のMINI史上最速モデル『ジョンクーパーワークスGP』を、8月3日まで、BMWグループテラスに展示する。

ジョンクーパーワークスGPは、モータースポーツにて培われた技術を余すことなく採用し、MINI史上最高のパフォーマンスを発揮するモデルだ。2.0リットル直列4気筒ターボエンジンは、ベースモデルとなるジョンクーパーワークスより75psアップの最高出力306psと最大トルク450Nmを発揮。さらに、ドライビングダイナミクスを最適化することで0-100km/h加速5.2秒を実現している。

同モデルは全世界3000台限定生産。日本では240台限定で昨年11月に発売し、2か月足らずで完売となった。

今回この貴重なモデルを展示するBMWグループテラスは、DEAN & DELUCAカフェとのコラボにより、2018年にオープン。BMWグループの最新モデルとともに、「ライフスタイル」と「食するよろこび」を提供している。営業時間はカフェエリアが7時30分から21時、BMWショールームが11時から19時。土日祝は休館。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI クーパーSE
  • ミニ・リマスタード(オートモビルカウンシル2020)
  • デビッドブラウン・ミニ・リマスタード モンテカルロ
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ