シビックタイプR 改良新型、リミテッドエディションが鈴鹿最速ラップを記録[動画]

ホンダ・シビックタイプRリミテッドエディション
ホンダ・シビックタイプRリミテッドエディション全 9 枚写真をすべて見る

ホンダは、『シビックタイプRリミテッドエディション』の最終的な性能評価のための走行テストを鈴鹿サーキットで実施。FFモデルで最速となる、2分23秒993のラップタイムを記録したと発表した。

リミテッドエディションは、シビックタイプR改良新型に専用チューニングを施した軽量仕様。専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールやハイグリップ20インチタイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2)を装着するほか、アダプティブダンパーシステムとEPSを専用セッティングとし、サーキット走行性能をさらに追求した。

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で実施。軽さと速さを研ぎ澄ませた、リミテッドエディションは、鈴鹿サーキットFF最速ラップタイムを記録した。

シビックタイプR 開発責任者の柿沼秀樹氏は「今回のモデルチェンジでは、ホンダモータースポーツ開発の要であるHRD Sakuraとタッグを組みながら速さを磨き上げ、鈴鹿サーキットで、歴代タイプR最速の足跡を刻みました。ホンダの考える理想のスポーツカーにまた一歩近づくことができたと確信しています。どうぞ、存分にお楽しみください」と、世界中のタイプRファンに向け、コメントを発信している。

なお、生産は英国ホンダで行われ、欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ