オージーケーカブト、オープンフェイス「エクシード」にグラフィックモデル2種追加へ

オージーケーカブト エクシード グライド(左)とソード
オージーケーカブト エクシード グライド(左)とソード全 8 枚写真をすべて見る

オージーケーカブトは、二輪用オープンフェイスヘルメット「エクシード」にグラフィックモデル「グライド」および「ソード」を追加し、順次販売を開始する。

エクシードは、軽量、コンパクトデザインのオープンフェイスモデル。照り返しや日差しが強いシーンで威力を発揮する、専用設計の大型インナーサンシェードを標準装備し、街乗りからロングツーリングまで、幅広い用途に対応する。

今回追加するグライドは、「Kabuto」ロゴを大胆にあしらい、ダイナミックデザインを施したツートンパターンのグラフィックデザインを採用。カラーは、街乗りやバイクやウェアにコーディネートしやすいブラックガンメタとアウトドアシーンやオフロード系バイク、オールドバイクにもマッチしやすいフラットブラックカーキの2色を用意する。7月中旬発売予定。

ソードは、ベースにあしらった幾何学模様とトライバル柄が特徴的なグラフィックモデルだ。フランス人アーティストのクリストファーがグラフィックデザインを担当。サイドに配した民族的な柄とあいまって、オリエンタル(東洋的)なイメージを醸し出している。カラーはフラットブラックゴールド1色。7月下旬発売予定。

両モデルともサイズはXS(54~55cm)、S(55~56cm)、M(57~58cm)、L(59~60cm)、XL(61~62cm未満)の5種。価格は2万8500円(税別)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ