ロータス、後付けデジタルコックピット発表…世界4000以上のサーキットデータ収録

ロータスカーズの「デジタル・インストルメント・パック」
ロータスカーズの「デジタル・インストルメント・パック」全 8 枚写真をすべて見る

ロータスカーズ(Lotus Cars)は7月14日、2008年以降に生産された『エリーゼ』と『エキシージV6』に後付けできるデジタルコックピットを英国本国で発表した。世界市場にも展開する予定だ。

このデジタルコックピットは、「デジタル・インストルメント・パック」と呼ばれる。GPSテクノロジーとラップパフォーマンスインジケーターが組み込まれており、サーキットを走行する顧客が、データを測定、表示、記録できる。

システムのソフトウェアには、全世界の4127のサーキットの詳細データが収録されており、ドライバーがサーキットにいることを自動的に認識する。ドライバーは、スタート/フィニッシュラインの座標をダウンロードしてラップタイムを計算し、データをダウンロードして、デジタルディスプレイでリアルタイムに走行データを分析できる。

ユーザーはニーズに合わせて、高コントラストの6インチTFT画面の表示をカスタマイズすることも可能だ。システムはカメラ入力も備えており、ポータブルアクションカメラを接続して、オンボード映像を撮影することもできる。

デジタル・インストルメント・パックは、2008年以降に生産されたエリーゼとエキシージV6のダッシュボードにぴたりと収まる設計で、純正メーターと交換して装着する。英国本国での価格は、取り付け料金別で1470ポンド(約20万円)。ディーラーで装着した場合、2年間の保証が付帯する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ