Go To トラベル、コロナ感染最多の「東京外し」で7月22日開始[新聞ウォッチ]

東京ビッグサイト
東京ビッグサイト全 2 枚写真をすべて見る

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「東京外し」という、都民にとっては嫌なイメージの活字が紙面を賑わしている。新型コロナウイルスの感染拡大で閑古鳥のなく観光事業を支援する「Go To トラベル」について、東京都民と都内への旅行を補助対象から除外するそうだ。政府は消費喚起策の目玉として、当初は7月22日から前倒しで全国一斉実施を目指していたが、東京都内の感染者が過去最多との急増を受け、政治判断で方針転換を迫られたようだ。

きょうの日経を除く各紙が1面トップで「Go To 東京を除外」と取り上げているが、具体的には、都を目的地とする旅行と、都内居住者が都外に出る旅行が補助の対象外。それ以外の旅行については、感染防止策をとることを条件に、予定通り来週7月22日以降から補助を行うという。

東京の「居住者」と「発着」が対象外となるようだが、では、東京駅や羽田空港を利用して旅行する神奈川や埼玉など他県の利用者の扱いはどうなのか。その疑問については、きょうの朝日が「都外に住む人については、東京駅や羽田空港など都内から出発する交通機関を利用する旅行パッケージでも補助の対象にする」と伝えている。

例えば、東京に住む人がツアーを申し込み、参加者の中には埼玉や千葉の住人がいた場合は対象にするのか。または、他県の人が申し込み、その中に東京人がいる場合はどうなのか。そもそも、他県への移動自粛というのも疑問だらけである。小田急線で新宿から同じ東京の町田まで行くのに多摩川を渡ると登戸駅は神奈川県。他県を通過しなければ町田には行かれない。目くそ鼻くその議論をしても時間の無駄遣いだが、旅行会社や観光地の旅館などでは確認作業が複雑になりそうだ。

もっとも、都内に住んでいても個人的にはコロナ感染が収束するまで不要不急の外出は極力控えることにしており、補助対象から除外されても気にならない。ただし、都内のマイカー族にとっては、補助も受けられず、「3密」を避けながら地方をドライブ中に「東京」ナンバーを排斥するような差別的な行為が再びエスカレートしなければいいが、別の意味で「東京外し」が心配だ。

2020年7月17日付

●GoTo東京を除外、旅行代補助「発着」と「居住者」政府方針(読売・1面)

●JR東日本と東京海上提携、自動車保険開発(読売・10面)

●新社名「ステランティス」FCA・PSA統合、ブランドは維持(読売・11面)

●東京286人感染最多(朝日・1面)

●米航空数万人リストラへ、新型コロナ長期化影響(朝日・8面)

●ベンツが5.6万台リコール(朝日・29面)

●中西会長入院、経団連提言新味なく、問われる存在意義、夏季フォーラム(毎日・7面)

●リニア準備工事「議論せず」国交省有識者会議(産経・7面)

●出社・出張再び抑制、感染拡大企業自粛急ぐ(日経・3面)

《福田俊之》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金制度の概要
  • (イメージ)
  • ポストコロナ時代の道路政策とは?(イメージ)
  • 貸切バスについてのリーフレット
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV