荷主と連携して物流効率化するトラック運送事業者を支援 国交省

(イロージ)
(イロージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は7月15日、トラック事業者と荷主が連携して物流全体の効率化を図ることで、トラック輸送の省エネ化を推進するため、トラック事業者に対して車両動態管理システムなどの導入を支援すると発表した。

運輸部門におけるエネルギー消費量の約4割を占めるトラック輸送での省エネの取り組みが重要だが、トラック事業者が単独で取り組むには限界がある。トラック事業者と荷主が連携して物流全体の効率化を図り、省エネ化を推進していく必要がある。このため「トラック輸送における省エネ化推進事業(車両動態管理システム等の導入支援による実証)」を実施し、トラック輸送での省エネ化を推進する。

事業では、トラック事業者と荷主との連携を要件に、車両動態管理システムを導入する経費の一部を補助する。システムの活用によって輸送の効率化を実証する。

受託事業者であるパシフィックコンサルタンツが、支援を受けることを希望する事業者を3回に分けて公募する。1次公募は7月27日から8月7日、2次公募が8月17日から8月28日、3次公募が9月7日から9月18日。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 図柄入りナンバープレートの例
  • 新宿駅東西自由通路
  • (イメージ)
  • 在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)の概要
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV