山形-東京線の高速バス、運行再開を延期 新型コロナ感染拡大で

山交バスは7月17日、東京都で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大していることから高速バス「新庄・山形~東京線」の運行再開を延期すると発表した。

同社では新庄・山形~東京線の高速バスの運行を7月22日から再開することを計画していた。しかし、東京都は新型コロナウイルスの感染者が急増しており、7月だけで3000人を超えている。

また、旅行需要を喚起するため、政府が旅行代金の一部を補助するキャンペーン「Go to トラベル」が7月22日からスタートするものの、東京都民や東京観光などを目的とする旅行は対象外となる。

山形県内での感染拡大リスクを低減するとともに、需要も低迷する可能性があるため、東京を結ぶ高速バスの運行再開を当面、延期することにした。

《レスポンス編集部》

ピックアップ