日産リーフ NISMO、トータルチューニングで走行性能を向上

日産リーフ NISMO
日産リーフ NISMO全 8 枚写真をすべて見る

日産自動車は、高性能スポーツ『リーフ NISMO』の走行性能を向上したモデルを、7月20日より発売すると発表した。

日産リーフ NISMOは、高性能スポーツ「NISMOロードカー」の一員として、2018年7月に誕生した。環境性能と最先端の先進・安全技術をあわせ持つ日産リーフに、NISMOならではのピュアスポーツのスタイリッシュなイメージとパフォーマンスを注入。エクステリアは、エアロダイナミクスを駆使したスポーティなスタイルを採用し、インテリアには、ブラックを基調とし、ドライビングの高揚感をより高めるレッドスティッチをあしらっている。

今回の性能向上では、欧州テイストのクイックなステアリングレシオを採用。それに合わせたサスペンションのスプリング、ショックアブソーバー、バンパーラバーにもチューニングを施した。また、VDC制御ロジックをさらに精密に見直すことにより、コーナー出口での加速性能を向上。これらのトータルチューニングにより、走行の安定性を維持しながらも、スポーツカーを彷彿させる俊敏で意のままのドライビングを実現した。

さらに、ドライバーとクルマがより一体となったドライビングを楽しめるよう、シートには高いホールド性能を備える新世代デザインのNISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート(ヒーター付き)を新たにオプションとして設定した。

日産リーフ NISMOは、今年1月にマイナーチェンジした日産リーフと同様に、9インチナビを新たに標準装備し、コネクテッド機能も大幅にアップグレードしている。

価格は429万4400円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV