豊田通商とJOLED、有機ELディスプレイのデモルーム開設 車載用なども紹介

JOLEDデモルーム品川
JOLEDデモルーム品川全 10 枚写真をすべて見る

有機ELディスプレイ(OLED)を開発・製造・販売するJOLEDと、豊田通商は、商談用の「JOLEDデモルーム品川」を豊田通商東京本社内に共同で開設した。

デモルームでは、32/27/22インチ有機ELモニターをはじめ、12.3インチ有機EL車載ディスプレイや22インチ有機EL円筒ディスプレイなど、JOLEDの有機ELディスプレイパネルの製品ラインアップを一堂に紹介。薄型・軽量で高コントラスト、広い視野角、高速応答などの有機ELディスプレイの特長を、実際に見て体験できる。

JOLEDは、効率的な生産を可能とする印刷方式にて、有機ELディスプレイの製造を行う、世界で唯一の会社。2019年末に量産ラインの稼働と顧客へのサンプル出荷を開始した。これまでのパイロットラインから新しい量産ラインでの生産に移行することで、中型・高精細の有機ELディスプレイの製品ラインナップ拡充と市場投入を予定しており、顧客への提案を強化している。

豊田通商は、グループ会社の幅広いネットワークを生かして、有機ELディスプレイの活用提案・販売拡大に取り組んでいる。両社は、JOLEDデモルーム品川を活用し、有機ELディスプレイに関心のある企業などへ向けて、導入を促進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ