高山本線は7月23日に全線再開…肥薩線の被災件数は65件から450件に拡大 令和2年7月豪雨

7月23日に高山本線全線での運行を再開する特急『(ワイドビュー)ひだ』。
7月23日に高山本線全線での運行を再開する特急『(ワイドビュー)ひだ』。全 2 枚写真をすべて見る

JR東海は7月21日、令和2年7月豪雨の影響により高山本線で最後まで不通となっていた飛騨小坂~渚間を7月23日始発から再開すると発表した。

これにより高山本線は全線が再開することになり、名古屋~下呂間や高山~猪谷間での運行となっていた特急『(ワイドビュー)ひだ』も全線通しての再開となる。

一方、JR九州は7月21日、八代~真幸(まさき)間で運行を見合わせている肥薩線について、八代~吉松間の被災状況を7月20日にすべて把握したと発表したが、それによると、鎌瀬~渡間ではかなりの数の土砂流入や道床流出が判明。7月13日時点で65件としていた肥薩線全体の被災件数が450件に膨れ上がっている。

肥薩線以外の線区では徐々に再開の動きがあり、鹿児島本線では鹿児島県内の川内~隈之城(くまのじょう)間が7月20日に一部再開。同じく鹿児島県内の串木野~鹿児島中央間は7月27日の再開を予定しており、同日から川内~串木野間でバスによる代行輸送を開始する予定としている。川内~鹿児島中央間全線の再開は8月1日を予定している。また、熊本県内の長洲~植木間は8月3日に再開する予定で、この日をもって鹿児島本線は全線再開する見込み。

このほか、日田~向之原(むかいのはる)間で運行を見合わせている久大本線では、日田~豊後森間が8月8日、庄内~向之原間が8月下旬に再開する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ