メルセデスベンツ Sクラス のEV『EQS』、航続700km超の見通し 2021年発表予定

メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ
メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ全 9 枚写真をすべて見る

ダイムラーとメルセデスベンツのオラ・ケレニウスCEOは、ドイツでデジタル開催した年次株主総会において、2021年に発表予定の新型EVセダンの『EQS』(Mercedes-Benz EQS)が、航続700kmを超える見通しと発表した。

同車は、コンセプトカーの『ヴィジョンEQS』の市販版として、現在開発が進められている。「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVの『EQC』となる。

メルセデスベンツのヴィジョンEQSは、EQブランド初のセダンコンセプトカー。「EQS」の「S」は、『Sクラス』を示唆していると見られ、将来の大型の電動高級サルーンを提示していた。

ヴィジョンEQSのEVパワートレインは、前後アクスルにモーターを搭載し、4輪を駆動する4WD。2個のモーターは、最大出力476hp、最大トルク77.5kgmを引き出す。強力なモーターは、0~100km/h加速4.5秒、最高速200km/hの性能を発揮する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は100kWhと大容量だった。

オラ・ケレニウスCEOは、ヴィジョンEQSの市販版のEQSの航続が、WLTPサイクルで700kmを超える見通しと発表した。オラ・ケレニウスCEOは、「メルセデスベンツは2021年、電動化に関して新しい時代に入る。EQSで新たな基準を設定していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV