「Go To トラベル」したい人は減少---1週間前の調査結果と比較

東京、歌舞伎町(7月21日)
東京、歌舞伎町(7月21日)全 3 枚写真をすべて見る

「Go To トラベル」キャンペーンが7月22日から開始される。日本トレンドリサーチによると、「Go To トラベル」キャンペーンを利用して旅行をしたい人の割合が、1週間前と比べて減っていることがわかった。

新型コロナウイルス感染症の影響により大打撃を受けた観光業や飲食業などの需要喚起、地域の活性化などを目的に計画されている「Go To キャンペーン事業」。その中のひとつで、旅行代金を補助するのが「Go To トラベル」だ。

NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、「Go To キャンペーン」に関する調査を実施し、その結果を発表した。日本トレンドリサーチは同じ調査を7月13~14日と20~21日に行なった。集計対象人数はいずれも男女300名ずつ、600人。ただし人数は同じだが、調査対象者は同一ではない。1回目の調査結果は16日、2回目の調査結果は21日にそれぞれ発表している。

調査では「Go To トラベル」キャンペーンを利用して旅行をしたいか聞いて、2回の結果を比べた。1週間前の調査では「旅行しようと思う」が31.0%であったのに対し、2回目の調査では17.8%となった。前回調査時で「旅行しよう」という人はすでに少数派だったが、この1週間でさらに少なくなった。

調査では「Go To トラベル」キャンペーンの内容について理解しているかも聞いており、1週間前と比べて理解度は高まっている。2回の調査で、「Go To キャンペーン」への理解度は高くなり、旅行しようと思う人は少なくなった、という結果になった。

「Go To トラベル」キャンペーンに関してはこの1週間で状況が二転三転しており、16日には東京発着の旅行が対象外となった。日本トレンドリサーチでは「このキャンペーンや政府に対する不信感・疑問を感じた方は多いのではないか」としている。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 東京(8月28日)
  • 東京(8月17日)
  • 東京上野、不忍池(7月30日)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ