軽四輪車中古車販売、4年ぶりのマイナス---4.7%減の158万4947台 2020年上半期

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は7月22日、2020年上半期(1~6月)の軽四輪車中古車販売台数を発表。コロナ禍の影響もあり、前年同期比4.7%減の158万4947台で4年ぶりのマイナスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同4.8%減の51万3265台で4年ぶりのマイナスとなったが、昨年に引き続きトップとなった。2位スズキは同5.1%減の47万9807台で2年ぶりのマイナス。3位ホンダは同2.9%減の23万7422台で2年連続のマイナスとなった。そのほか国産ブランドでは日産とトヨタがプラス、マツダと三菱自動車、スバルがマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同5.7%減の124万9133台で4年ぶりのマイナス、貨物車が同0.9%減の33万5814台で6年連続マイナス。貨物車の内訳は、バンが同0.9%減の16万3179台、トラックが同1.0%減の17万2635台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 ミニキャブ・ミーブ
  • 三菱 eKスペース 助手席ムービングシート仕様車
  • ダイハツ タフト Gターボ
  • ホンダ N-ONE 新型 純正アクセサリー
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ