スズキ GSX-R1000R、カラー&グラフィック変更 7月30日発売

スズキ GSX-R1000R ABS
スズキ GSX-R1000R ABS全 4 枚写真をすべて見る

スズキは、スーパースポーツバイク『GSX-R1000R ABS』のカラーリングを変更し、7月30日より発売する。

GSX-R1000R ABSは、「No. 1スポーツバイク」をコンセプトに、GSX-Rシリーズの特長である、エンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、MotoGPで培った技術を採用することでさらに進化させ、高次元でバランス。GSX-R史上最もパワフルで、最も環境性能に優れたモデルだ。

スズキは、2020年3月15日に創立100周年を迎え、MotoGP参戦マシン『GSX-RR』のカラーリングを一新。これをモチーフとしたGSX-R1000R ABS「100周年記念カラー(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック)」を発売している。

今回、カラー&グラフィックを変更。トリトンブルーメタリックとマットブラックメタリックNo.2の2色を設定した。

主要諸元に変更はない。価格は215万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ