7月29日未明にかけて東北地方で200mmの豪雨…山形新幹線と羽越本線の『いなほ』が終日運休に 7月28日

村上~酒田間の終日運休により全列車の運行を見合わせている羽越本線の特急『いなほ』。
村上~酒田間の終日運休により全列車の運行を見合わせている羽越本線の特急『いなほ』。全 1 枚写真をすべて見る

梅雨前線の北上による大雨の影響で、7月28日はJR東日本の東北エリアを中心に終日運休が相次いでいる。

気象庁が7月28日未明に発表した情報によると、梅雨前線が対馬海峡から北上し、東北地方に停滞。前線上の低気圧とともに暖かく湿った空気が流れ込むため、東北地方では7月29日6時までの24時間雨量が200mmに達すると予想しており、警戒を呼び掛けている。

これにより、東北エリアでは奥羽本線米沢~山形間・村山~新庄~院内間、左沢(あてらざわ)線全線(北山形~左沢)、陸羽西線全線(新庄~余目)、陸羽東線鳴子温泉~新庄間、羽越本線村上~酒田間で終日運休が決定しており、山形新幹線(福島~新庄)と羽越本線の特急『いなほ』も全列車運休している。

東北エリア以外では中央本線辰野~塩尻間が河川増水の影響で再開の見込みが立っていない。またJR東海エリアでは飯田線水窪(みさくぼ)~平岡間の終日運休が決定している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ