日産車体は最終赤字39億3500万円、北米向けモデルが大幅減 2020年4-6月期決算

日産アルマーダ
日産アルマーダ全 2 枚写真をすべて見る

日産車体は7月28日、2020年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。売上台数の大幅減少などにより、最終損益は39億3500万円の赤字となった。

第1四半期連結累計期間の売上台数は、新型コロナウイルス感染拡大による全体需要の低迷を受け、前年同期比51.5%減の1万7774台。米国の外出規制による消費抑制などを背景に、北米向けの『アルマーダ』、インフィニティ『QX80』が大幅に減少した。これに伴い、売上高も同60.9%減の378億9300万円と大幅な減収となった。

営業損益は売上台数、モデルミックスの悪化による粗利益の大幅な減少などにより、60億9100万円の赤字(前年同期は10億6200万円の赤字)。経常損益は58億4600万円の赤字(同9億5900万円の赤字)、最終損益は39億3500万円の赤字(同6億1300万円の赤字)となった。

未定としていた通期業績予想は、売上高3465億円(前期比-1523億3100万円)、営業損失37億円(同-130億0300万円)、経常損失22億円(同-120億0200万円)、最終損益0円(同-58億2700万円)とした。

インフィニティQX80インフィニティQX80

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ