JR九州最古の国鉄型気動車が一部引退…2両編成のキハ66・67形 8月5日

大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。全 2 枚写真をすべて見る

JR九州は8月5日、キハ66・67形一般型気動車2編成のラストラン運行を実施する。

キハ66・67形は、1975年3月改正で登場した国鉄の新系列気動車で、JR九州に残る国鉄型気動車としては最も古い車両。

後に登場する117系近郊型電車に似た両開き2扉車だが、1980年までは日田彦山線や久大本線などの急行にも運用されていたことがあった。それまでの国鉄型気動車は特急型を除いて1両単位で組成する方式が採られていたが、キハ66・67形は2両1組とするユニット方式となった。

1両あたりのエンジン出力は、2基エンジンのキハ58形より1.2倍アップした440PSとなったものの、高出力の2両編成は運用線区が限られ、わずか15本計30本の登場に終わっている。

現在、佐世保車両センターに配置され、10本20両が運用されているが、このうちキハ66 5+キハ67 5とキハ66 11+キハ67 114の2編成が引退することになり、佐世保20時53分発早岐行きで双方の編成を併結したラストランが行なわれる。車内ではラストランを記念したオリジナルポストカードが配布される。

キハ66・67形は残り8本16両となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。

ピックアップ