三菱ふそう スーパーグレート トラクタ、燃料漏れのおそれでリコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バスは7月30日、大型トラクタ『ふそうスーパーグレート』の燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年10月6日から2019年10月31日までに製造された1752台。

400リットルのアルミニウム製燃料タンクを搭載した大型トラクタにて、燃料タンクの強度が不足しているため、走行時の振動によりタンクの溶接部に亀裂が生じるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進展して燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品の燃料タンクに交換する。

不具合は18件発生。事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
  • 三菱ふそうスーパーグレート2019年モデル
  • 改善箇所
  • スーパーグレート2019年モデルにレベル2自動運転
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ