ブレンボ、ピレリへの出資比率を引き上げ---4.99%に

ブレンボ製ブレーキ
ブレンボ製ブレーキ全 2 枚写真をすべて見る

ブレンボ(Brembo)は7月29日、ピレリ(Pirelli)への出資比率を引き上げた、と発表した。

ブレンボはイタリアに本社を置き、ブレーキシステムの設計、開発、生産における世界的リーダーとして知られる。一方、ピレリもイタリアに本社を置き、グローバル規模で、高い価値を備えたコンシューマー向けタイヤを生産・販売している。

ブレンボは2020年3月、ピレリに出資した。歴史やブランド、主導的地位、革新志向のアプローチを持つピレリは、ブレンボ同様、自動車業界で優れた重要企業であることから、ピレリに出資することを決めたという。

なお、ブレンボは、親会社のNuova FourBを通じて、 ピレリの2.43%の株式を取得していた。ブレンボは今回、ピレリへの出資比率を、2.43%から4.99%に引き上げたと発表している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレンボ製ブレーキ
  • 新発売のアウディA5用ドリルドディスクローター
  • ハノーバーモーターショー 16:ブレンボブース
  • 新型マツダ MX-5 ミアータ(ロードスター)用のブレンボ製ブレーキ
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ