マクラーレン、伝説の「ガルフカラー」復活へ…ガルフと戦略的提携、カスタマイズも可能に

戦略的パートナーシップを締結したマクラーレンオートモーティブとガルフ・オイル・インターナショナル
戦略的パートナーシップを締結したマクラーレンオートモーティブとガルフ・オイル・インターナショナル全 3 枚写真をすべて見る

マクラーレンオートモーティブは、ガルフ・オイル・インターナショナル(以下、ガルフ)との間で、長期にわたる戦略的パートナーシップを締結した、と発表した。

このパートナーシップによって、長い成功の歴史を共に積み重ねてきた2つのブランドが、再び手を組むことになる。これは、両ブランドが誇るイノベーションとトップクラスの能力を活用して、サーキットと公道の双方において、勝利への方程式を築き上げるという共通目標を意味しているという。

マクラーレンとガルフの関係は1968年に始まり、1973年シーズン末まで続いた。この間に、ガルフとマクラーレンは、F1と「Can-Am」シリーズで成功を収め、40以上のレースで勝利した。その後、1990年代のルマン24時間レースでパートナーシップを復活し、マクラーレン『F1 GTR』が1990年代末まで、ガルフカラーをまとって走行した。

2021年から、ガルフはマクラーレンオートモーティブが推奨するオイルサプライヤーとなり、高性能エンジンに最適化されたガルフのオイルと燃料が、すべてのマシンに充填される。また、世界中で開催されるマクラーレンオートモーティブのカスタマーイベント「ピュア」において、販売店やチームキットにガルフのブランドが表示される。

また少数の限られた顧客には、所有するマクラーレンのスーパーカーを、ビスポーク部門の「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)」によるハンドペイントで、1990年代のF1 GTRルマンカーを再現したガルフカラーにすることも可能、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マクラーレン・エルバ の「ガルフ・テーマby MSO」
  • マクラーレンの次世代ハイブリッドスーパーカーのプロトタイプ
  • ピレリ「P Zero Trofeo R」とマクラーレン 765LT
  • マクラーレン 765LT
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV