三菱ふそう、大型観光バスをリコール ヒーターホース不具合でオーバーヒートのおそれ

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バスは7月30日、大型観光バス『ふそうエアロエース』および『ふそうエアロクイーン』のヒーターホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年6月9日から2020年2月24日までに製造された2001台。

今回の不具合は、ヒーターホースの耐久性が不足しているため、早期にヒーターホースが破損するものがあり、冷却水が漏れ、そのまま走行を続けるとオーバーヒートに至るおそれがあるというもの。

改善措置として、全車両、減圧弁に接続されるヒーターホースと上流側のパイプを、対策品に交換する。

不具合は36件発生。事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京空港交通が導入した大型観光バス「エアロエース」エレベーター付き車両
  • 三菱ふそうエアロエース
  • 三菱ふそう エアロクィーン 2019年モデル
  • 改善箇所
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV