コンチネンタル、独デザイン賞「レッドドット」をダブルで獲得

コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ
コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ全 3 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は8月1日、パワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーが、「レッドドット・アワード2020」において、2つの賞を受賞した、と発表した。

1955年に設立されたレッドドットは、世界的に最も権威あるデザイン賞のひとつだ。49カテゴリーの工業製品を対象に、デザインの革新性、機能性、耐久性、人間工学など9つの基準から審査を行う。「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、「レッドドット賞」、「特別賞」の3賞があり、このうちベスト・オブ・ザ・ベスト賞は各カテゴリーの最高賞の位置づけだ。

このレッドドット・アワード2020において、ヴィテスコ・テクノロジーが、2つの賞を受賞した。「ブランドデザインとアイデンティティ」と「空間コミュニケーション」の両方のカテゴリーで、レッドドット賞に輝いている。

ヴィテスコ・テクノロジーは2019年10月、コンチネンタルのパワートレイン部門が、新名称の下で独立する形で設立された。全く新しいブランドとそのブランド価値で、ヴィテスコ・テクノロジーは電動ドライブトレインを中心とした継続可能な戦略を遂行してきた。

「ヴィテスコ」という新しい名前はラテン語で命や生活を表す「Vita」から取られ、エネルギー、スピード、俊敏性を表し、その流れるような形状が企業ロゴに反映された。イニシャル「V」はダイナミックなブランドシンボルであり、ブランドアイデンティティにおける大事なブランドカラーとして、白色と黄色を用いている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • コンチネンタル本社(独ハノーバー)
  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • コンチネンタルの電動パワートレイン車向け専用タイヤに採用される「ContiSilent」テクノロジー
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ