アイシン精機、最終赤字503億円も通期は前年並み利益確保の見通し 2020年4-6月期決算

アイシングループ
アイシングループ全 1 枚写真をすべて見る

アイシン精機は、2020年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。中国市場は回復傾向にあるものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大幅な減収・減益となった。

売上収益は前年同期比42.3%減の5552億円となった。営業損失は799億円(前年同期は255億円の利益)、税引前損失は737億円(同291億円の利益)、純損失は503億円(同174億円の利益)だった。

未定としていた今期の業績見通しについては、売上収益3兆3800億円(前期比10.7%減)、営業利益500億円(同10.9%減)、税引前利益500億円(同6.4%減)、当期利益270億円(同12.2%増)とし、緊急対策および構造改革により前年並みの利益を見込む。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)
  • アイシン精機CDO(チーフデジタルオフィサー)兼アイシンAW取締役副社長のCSSカンパニープレジデント鈴木研司氏
  • 転倒のリスクが高い乗客を赤枠で通知
  • アイシン・コスモス研究所
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ