ドゥカティ世界販売24%減、日本は2年連続で減少 2020年上半期

ドゥカティ・パニガーレ・シリーズ
ドゥカティ・パニガーレ・シリーズ全 5 枚写真をすべて見る

ドゥカティ(Ducati)は、2020年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は2万4032台。前年同期比は24.3%減と、前年実績を下回った。

車種別の上半期の販売実績では、『パニガーレ』と『スーパースポーツ』が、合計で前年同期比13.2%減の5397台。『スクランブラー』は上半期、4730台を販売した。前年同期比32.1%減だった。

『ハイパーモタード』と『ムルティストラーダ』は上半期、合計で前年同期比38.2%減の6496台を販売した。『ディアベル』、『モンスター』、『ストリートファイター』は、合計で前年同期比7.9%減の7409台を売り上げている。

市場別の上半期の販売実績では、日本が650台。前年同期比は27.8%減と、2年連続で前年実績を下回った。

ドゥカティの2019年の世界新車販売台数は5万3183台。前年比は0.3%増と、2年ぶりに前年実績を上回っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV

ピックアップ

Response.TV