カーナビタイム、1年前までの高速道路渋滞情報が確認可能に

カーナビタイム、渋滞マップに過去の渋滞情報を確認できる機能を追加
カーナビタイム、渋滞マップに過去の渋滞情報を確認できる機能を追加全 2 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「カーナビタイム」の渋滞マップに、過去の渋滞情報を確認できる機能を8月13日より追加する。

渋滞マップは、全国の高速道路渋滞情報/渋滞予測を、1枚の簡易地図で見ることができる機能。これまで過去の情報は1時間前までだったが、最大で1年前までの渋滞情報を見ることができるようになる。

渋滞マップでは、渋滞予測情報も見ることができるが、前日や1週間前、直近の連休時など、過去の渋滞情報も併せて確認することで、予測が難しい時や天候が不安定な場合などに、移動前の渋滞予測の参考として活用できる。

また同機能は、道路交通情報に特化したiOS向けアプリ「渋滞情報マップ by NAVITIME」でも8月末頃に対応予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーナビタイム、Apple CarPlayダッシュボード機能に対応
  • カーナビタイム プレミアムプラスコース
  • SDL連携イメージ
  • カーナビタイムが英語に対応
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ