キャンピングカーレンタルが前年比110%突破、利用者に変化も Japan C.R.C.8月

キャンピングカー
キャンピングカー全 3 枚写真をすべて見る

キャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」を運営するキャンピングカー株式会社は、2020年8月のキャンピングカーレンタル売上が、2020年8月14日時点で、対2019年8月比で110%まで増加した。

Japan C.R.C.によると、新型コロナウイルスの影響によってインバウンド需要が減り、国内需要が増えているという。インバウンド利用者は、2019年には売り上げの約20%を占めていたが、2020年には約4%、4月以降は0%にまで減少した。

いっぽう国内のレンタル需要は緊急事態宣言解除後の5月末から、急上昇している。キャンピングカーレンタル売上は7月に国内需要が前年同月の国内需要を上回り、8月は14日時点で、国内需要だけで前年8月の総売上を上回る110%まで増加した。

利用傾向にも変化がみられるという。前年8月では利用日数が平均4泊5日だったが、3泊4日と短めの利用となっている。利用人数も3密を避けるためか、平均5名から4名へと減っており、友人との利用に比べ家族での利用割合が増加傾向にある。

Japan C.R.C.前年売上対比Japan C.R.C.前年売上対比

都道府県内在住の利用者が前年に比べ増えているのも特徴だ。東京では65%から85%、大阪では65%から84%と増加しており、他県から公共交通機関を利用して現地でレンタルをする割合が減った。利用範囲を近隣県までにとどめる利用者は、半数以上を占めるそうだ。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ