渋谷駅西口の新歩行者デッキ、供用開始は9月26日…旧東急百貨店がいよいよ解体へ

渋谷フクラス接続デッキ。
渋谷フクラス接続デッキ。全 6 枚写真をすべて見る

東急、JR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合、東急不動産の5者は8月21日、渋谷駅西口の新たな「歩行者デッキ」を9月26日から供用開始すると発表した。

これは、2014年度から進められてきた渋谷駅街区開発計画の一環として設けられるもので、東急・JR東日本・東京メトロの3社が整備する「(仮称)西口連絡通路」と、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合・東急不動産が整備する「渋谷フクラス接続デッキ」からなる。

供用開始後は渋谷駅と渋谷フクラスが地上2階部で接続し、桜丘町方面へは渋谷フクラス内の歩行者通路や、国土交通省関東地方整備局東京国道事務所が再整備した渋谷駅西口歩道橋を利用する動線が加わり、歩行者ネットワークが拡充される。

なお供用開始に際しては、旧東急百貨店東横店屋内の一部を除く歩行者通路やJR玉川改札は9月25日の終電後に閉鎖。その後に旧東急百貨店の建物解体工事が開始される予定となっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV