NAVITIMEなど、レンタカー予約連携先が2倍の12社に 密を避けた移動を支援

『NAVITIME』Webサイトでの表示イメージ
『NAVITIME』Webサイトでの表示イメージ全 1 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、「NAVITIME」Webサイトおよび「NAVITIME Travel」アプリとWebサイトにて提供しているレンタカー予約機能にて、8月21日より新たに6社と情報連携を開始し、予約できるレンタカー事業者数を2倍にする。

これまでは、オリックスレンタカー、タイムズレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、バジェットレンタカーの6社と連携していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止を目的にレンタカーの利用が増えていることから、今回新たに6社の情報を追加。ククルレンタカー、スカイレンタカー、Jネットレンタカー、ニコニコレンタカー、ホンダレンタリース北海道、ルフトトラベルレンタカーもレンタカー予約機能の対象となった。

さらに、ナビタイムトラベルでの直販化に対応。これにより、ナビタイムのサービス上で、ルート検索からレンタカー予約までを一貫して行えるようになる。NAVITIME WebサイトとNAVITIME Travelアプリ・Webサイトのルート検索結果にレンタカーを利用できるルートが表示された場合に、ルート結果からそのまま、空車確認および予約ができるようになる。なお、NAVITIMEアプリでも、近日対応を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV