お盆シーズン、「旅行」や「イベント」での駐車場利用比率が大幅減少 akippa

お盆の駐車場利用目的調査
お盆の駐車場利用目的調査全 2 枚写真をすべて見る

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは8月24日、今年のお盆シーズンの外出に関する動向変化を調査してその結果を発表した。調査は8月13日から18日の間、akippa利用者を対象に実施した。

それによるとお盆シーズンの駐車場利用の目的別では、 昨年同時期は「通勤・通学」や「家族・知人宅訪問」などの日常での利用割合が40%だったのに対して、 今年は62%となった。 今年は多くの人が日常生活で駐車場を利用していた。日常での利用にあたる「通勤・通学」「家族・知人宅訪問」「買い物」「ビジネス」全ての項目の割合が増加した。

「イベント・コンサート・試合観戦」や「旅行・観光」などの夏のおでかけでの駐車場利用割合は24%だった。昨年は半数以上を占めていた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、 夏のおでかけを控えた人が多かったと見られる。

「家族・知人宅訪問」をエリア別に見ると、大阪府堺市が最も多く、次いで石川県金沢市だった。 金沢にはakippaの駐車場が比較的多いことも要因の一つだが、 都心部に限らず地方都市への帰省の際にも車での移動があったことと見られる。

今年のゴールデンウィークと比較してみると、全ての利用目的で予約数が増加したという。緊急事態宣言下でのゴールデンウィークということもあって利用目的の80%以上が日常生活での駐車場利用だったが、お盆シーズンでは緊急事態宣言の解除や政府が導入する「Go Toキャンペーン」などによって移動を自粛していた人が動き出したと見られる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV