[フロントスピーカー、どう鳴らす?]新連載…インナーバッフル

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ワンオフタイプの「インナーバッフル」の使用例。
ワンオフタイプの「インナーバッフル」の使用例。 全 3 枚 拡大写真
カーオーディオシステムの中での主役とも言うべきフロントスピーカー。なおこれは、売られている状態ではまだ半完成品だ。クルマに取り付けて初めてスピーカーとして機能する。つまり、どのように取り付けるか、どう制御するかで鳴り方が変わってくる。

さて、どう取り付けてどのように制御するとスピーカーの性能をより引き出せるのか。当特集ではそこのところを深掘りしていく。

◆「インナーバッフル」は音響パーツ! より良いものを使った方が音的にも有利!

今回は、「インナーバッフル」について考察する。早速「インナーバッフル」とは何か、から説明しよう。ひと言でいうならば以下のとおりだ。「ドアスピーカー(ミッドウーファー)を取り付けるための土台となるパーツ」である。

なお、車種専用スピーカーにおいてはこれが付属している場合が多く、また、簡単取付をうたうモデルでは「インナーバッフル」のかわりになる簡易的な「スペーサー」が同梱されていたりもする。

ただし、「スペーサー」の方は作りがあっさりしていて少々頼りない。ゆえにこれは敢えて使わず別に「インナーバッフル」が用意されることも多い。というのも、「インナーバッフル」は言わば一種の音響パーツだ。より良いものを使った方が音的にも利点があり、耐久性も高まるからだ。

なお大半のスピーカーには「インナーバッフル」は付属されていないので、その場合には何らかの「インナーバッフル」が絶対的に必要となる。ちなみに言うと、スピーカーを鉄板に直付けするのはNGだ。スピーカーの振動がダイレクトに鉄板に伝わってしまうし、スピーカーを立ち上げられないのでスピーカーの奥側が窓ガラスとぶつかってしまい、そもそも取り付けられなかったりもするからだ。

というわけで「インナーバッフル」は不可欠なパーツであるのだが、さて、どんなものを用いると良いのかというと…。

◆コストを抑えたいなら「市販品」、性能にこだわりたいなら「ワンオフタイプ」!

選択肢は大きく2つある。1つは「市販品」で、もう1つは「ワンオフタイプ」だ。

で、コストを抑えたいと考えるならば「市販品」に分があり、性能にこだわろうとするならば「ワンオフタイプ」にアドバンテージがある。ちなみに「市販品」の中には一部、性能的にも優れたものも存在している。“カロッツェリア”のラインナップの中には金属製のものがあり、これは剛性が高く耐久性的にも優秀だ。ゆえにこれを用いる“カーオーディオ・プロショップ”も結構多い。

ところで「市販品」は基本的に、車体メーカー別に用意されている。なので適合しているモデルを選べば、愛車のドアの鉄板に開いているビス穴の位置と「インナーバッフル」のビス穴の位置が合致する。そして木製の「インナーバッフル」ならばネジをどこででも受けられるので、口径が合っていればさまざまなスピーカーを取り付けられる。対して金属製の「インナーバッフル」は、取り付けられるスピーカーがある程度限られる。木製のもののように、ネジをどこででも受けられるわけではないからだ。ただし、多くのスピーカーを取り付けられるようになるアタッチメントは存在しているので、興味があれば“カーオーディオ・プロショップ”に訊ねてみよう。

一方「ワンオフタイプ」は都度、取り付ける車両に合わせて、そして使用するスピーカーに合わせて専用設計されるので、その分コストは掛かってくるが、最適な形に仕上げられる。ここが最大のメリットとなる。

◆形と厚みを最適化することで、役割をより確実に果たせる!

最適な形に仕上げられることがどうメリットとして働くのかを説明していこう。

「インナーバッフル」は、主に3つの役割を果たす。「スピーカーの足場を固めること」、「スピーカーの振動を鉄板に伝わりにくくすること」、「スピーカーをドアの鉄板から立ち上げること」、この3つだ。

で、「インナーバッフル」をワンオフすると、これら役割をより確実に果たせるようになる。スピーカーのフレームよりも大きく作れるので、スピーカーをしっかり支えられる。そしてドアの形状にも合わせられるので車両側にもぴったり収まる。ゆえにスピーカーの足場が安定し、かつ振動も伝わりにくくなる。

そして使用するスピーカーが厚い(奥行き寸法が長い)場合には、「インナーバッフル」を厚くすることでスピーカーをドアの鉄板から起こせる。結果、「市販品」では取り付けられないスピーカーも取り付けられるようにもなる。また、立ち上げることでスピーカーが内張りパネル面に近づくので、音がパネル内に回り込むのも最小限に抑えられたりもする。

さらにワンオフする場合には、素材にもこだわれる。堅い木を使ったり、響きが良いと言われる素材を選べたり、耐久性にすぐれた素材をチョイスすることも可能となる。

ただし、より高性能な「インナーバッフル」を得ようと思えば、コストはより多く掛かってくる(とはいえ小型のパーツであるので掛かるとは言っても天井は高くはない)。予算と効果とを天秤にかけながら、自分にとってのベストな「インナーバッフル」をオーダーしよう。

今回はここまでとさせていただく。次回以降も、フロントスピーカーの鳴らし方に関する考察を続行する。お楽しみに。

フロントスピーカー、貴方ならどう鳴らす? 第1回「インナーバッフル」研究

《太田祥三》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV