シェアサイクルの公共的な交通としてのあり方 国交省が検討へ

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は8月24日、シェアサイクルの普及促進に向けた有識者会議をWEB形式で8月26日に開催すると発表した。

2018年に閣議決定された「自転車活用推進計画」では、シェアサイクルと公共交通機関との接続強化や、サイクルポートの設置促進などで、シェアサイクルの普及を促進することが掲げられた。国土交通省では、シェアサイクルの普及促進に向けた課題解消の方策について、専門的な見地から検討するため、「シェアサイクルの在り方検討委員会」を設置している。

8月26日にWEB会議を開催してシェアサイクルの公共的な交通としてのあり方についてや、公共用地などへのポート設置のあり方について議論する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV