アバルト 595/595C、チューニング仕様「エッセエッセ」を限定発売へ

フィアット・アバルト 595 SS(左)とアバルト 595 エッセエッセ
フィアット・アバルト 595 SS(左)とアバルト 595 エッセエッセ全 11 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アバルト『595』シリーズにチューニング仕様の限定車「595/595Cエッセエッセ」を設定し、9月19日より発売する。

595/595Cエッセエッセは、1963年に登場した『フィアット・アバルト595』に、さらなるチューンを施した『フィアット・アバルト 595 SS』を由来とする限定車。「esseesse(エッセエッセ)」は、「SS」をイタリア語読みしたもので、その名が示す通り、往年の595 SS同様、スポーツ性を高める排気系チューンやボディサイドのストライプをはじめとする数々の専用アイテムを装備する。

最高出力180psを発生する「595コンペティツィオーネ」をベースに、アクラポビッチ製エキゾーストシステムを搭載。ベース車標準装備のレコードモンツァとはひと味違った排気音を特徴とする。またボディカラーには、595 SSを彷彿とさせる「Grigio Campovolo(グレー)」を採用。これにホワイト仕上げの17インチアルミホイールやサイドストライプなど、現代風アレンジを加えている。

インテリアでは、限定車専用に赤いステッチが施されたサベルト製スポーツシートや専用カーボンインストルメントパネルを装備。レースモデルをイメージさせる仕立てとなっている。

限定車はハッチバックに加え、ベース車には設定のないカブリオレも用意。トランスミッションもATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッション(MT)の2種類を用意し、好みの組み合わせが可能となっている。

合計305台限定で、全車右ハンドル仕様。価格は595エッセエッセが403万円(MT)/420万円(MTA)、595Cエッセエッセは426万円(MT)/443万円(MTA)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV