テスラのマスクCEO、EV向けバッテリーの容量を5割拡大へ…4年以内に大量生産可能との見通し

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3全 4 枚写真をすべて見る

テスラ(Tesla)のイーロン・マスクCEOは8月25日、容量を5割拡大したEV向けバッテリーの大量生産が、今後3~4年以内に可能になるとの見通しを、ツイッターを通じて発表した。

テスラは北米向けの『モデルS』の2020年モデルに、「ロングレンジプラス」を設定した。米国EPA(環境保護局)が認定する航続が、EVとして初めて400マイルを超えて、402マイル(約647km)を達成している。

402マイルの航続は、同じバッテリーパックを積む2019年モデルの「100D」に対して、約20%の延長となる。EVパワートレインの効率向上、バッテリーやドライブユニットの軽量化などにより、402マイルの航続を実現している。

イーロン・マスクCEOは、自身の公式ツイッターを通じて、「400Wh/kg(エネルギー密度)で、長寿命のバッテリーの大量生産は、それほど遠くない。おそらく、3~4年以内だろう」と語った。

エネルギー密度が400Wh/kgのバッテリーが実現すれば、テスラの現行EV向けバッテリーに対して、容量は5割拡大することになる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラのEV
  • テスラのEV
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデルS(参考)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV