マクラーレン、次世代電動スーパーカーを2021年に発売へ…軽量アーキテクチャ採用

マクラーレンオートモーティブの次世代電動スーパーカー向けに新開発された軽量アーキテクチャ
マクラーレンオートモーティブの次世代電動スーパーカー向けに新開発された軽量アーキテクチャ全 3 枚写真をすべて見る

マクラーレンオートモーティブ(McLaren Automotive)は8月25日、次世代の電動スーパーカーに新開発の軽量アーキテクチャを採用すると発表した。

この軽量アーキテクチャは、新しい電動パワートレインに対応するために設計された。柔軟なアーキテクチャは、新たなプロセスと技術を利用して軽量化し、車両全体の重量を削減すると同時に、安全性をさらに向上させるという。

また、このアーキテクチャは、英国シェフィールドにあるマクラーレンのコンポジットテクノロジーセンター(MCTC)において、設計、開発、生産が行われる。

この軽量アーキテクチャが、マクラーレンオートモーティブの次世代の電動スーパーカーを支える中核技術のひとつになる。この軽量アーキテクチャをベースにした最初の新型電動スーパーカーは、2021年に発売される予定だ。

マクラーレンオートモーティブのマイク・フレウィットCEOは、「新しいアーキテクチャにより、マクラーレンが100%電動化されたスーパーカーに移行できるようになる。軽量化と電動化は、より優れたパフォーマンスとより効率的な車両を実現するために、密接に関連している」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV