自動車補修用塗料ブランド「R-M」、 ジャガー・ランドローバーとアジア太平洋地域におけるパートナーシップ協定を締結

ジャガー・ランドローバー(イメージ)
ジャガー・ランドローバー(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

BASFは、自動車補修用塗料ブランド「R-M」とジャガー・ランドローバー(JLR)が、アジア太平洋地域における輸入国のパートナーシップ協定を締結したと発表した。

R-Mは、環境効率の高い水性塗料と低溶剤タイプのハイソリッド塗料が中心の製品ポートフォリオを持つ自動車補修用塗料のプレミアムブランド。大手自動車メーカーの多くがR-Mの自動車補修用塗料を世界各国の修理工場で採用しており、R-Mは最新鋭の製品群とカラーツールに加え、効率改善と業務拡大に向け、さまざまなサービスを提供している。

今回のパートナーシップ協定により、自動車補修用塗料ブランド R-MがJLRのアジア太平洋地域における輸入国の推奨パートナーとなり、同社のの車体修理と補修塗装が業界基準を超えるよう、BASFは今後3年間支援を行う。

具体的な支援としては、自動車補修用塗料とカラーマッチングソリューションの供給、JLRのグローバルボディ&ペイントプログラムの開発・実施、最高品質で効率的な補修プロセスを実現するRODIMブランドの塗装用副資材の供給など。グローバルな包括的サポートネットワークからの支援で、同社が定める厳しい補修要件とプロセス基準を満たすトータルブランドペイントソリューションを実現する。

またBASFは、サービス、ツール、トレーニング、パフォーマンス管理モジュールなど、包括的なアドバンストビジネスソリューション(ABS)をJLRに提供し、JLR認定ボディショップネットワークと、指定小売業者の収益性と効率性の向上も支援する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV