フェラーリ最後のV12モデルか? フラッグシップ「812」過激モデルをスクープ

フェラーリ 812 GTO プロトタイプ(スクープ写真)
フェラーリ 812 GTO プロトタイプ(スクープ写真)全 29 枚写真をすべて見る

フェラーリは、現在『812スーパーファスト』のハードコアモデルを開発していると思われるが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

812スーパーファストは、ジュネーブモーターショー2017にて、「F12ベルリネッタ/F12tdf」後継モデルとして初公開。その名が示す通り、最高出力800psを発揮するV12気筒エンジンを搭載するフェラーリ史上もっともパワフルなミッドシップモデルだ。

捉えた2台のプロトタイプは、どちらもダミーながら攻撃的なエアロを装備している。デザインの詳細は不明だが、フェンダーがワイド化されているほか、どちらのプロトタイプもエキゾーストパイプ周辺にエアアウトレットが新たに設けられている。また「AT01」のナンバーを持つプロトタイプには、助手席側下にケーブルを隠すダクトテープもみられる。

812スーパーファストは、6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンを搭載。最高出力は800ps、最大トルク718Nmを発揮する。一方、このハードコアモデルは、排気量はそのままに最高出力が900ps以上まで引き上げられることも期待できる。

市販型の車名は『812 GTO』が有力で、これがフェラーリ最後のV12エンジンとも伝えられている。同社では2020年内に2つの新型車を発表するとアナウンスしており、もう1台は「SF90 Stradale Spider」と予想される。

かつて『599 GTO』が599台の限定生産だったように、この812 GTOも限定モデルとなる可能性が高い。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ